よくある質問

  • 塗装を検討される際のご質問
  • 塗装工事に関するご質問
  • 塗料に関するご質問
  • プロタイムズに関するご質問

塗装を検討される際のご質問

どうして家を塗装するのですか?
建物を保護するためです。家を塗装することで、外観をカラフルな色で美観をつくりだすと同時に、壁や柱が腐食してしまうのを防ぎます。塗装をすることで家の痛みを防ぐことができます。
また塗装は自然環境から建物を保護する役割もございます。
壁にヒビ割れが起こる理由は何故ですか?
塗料の被膜が硬い場合は壁と一緒にヒビ割れてしまいます。ヒビ割れが起こると壁から水が侵入し建物が腐食し始めてしまいます。そのためヒビ割れは放置すべきではありません。
ヒビ割れ対策として伸縮性がある弾性塗料を使うことで、塗料が伸びて水の浸入を防ぐことができます。
塗装工事に最適な季節はありますか?
塗装工事はほぼ1年中可能となります。ただし雨が降りやすい季節は避けた方がよいでしょう。
また冬場は乾燥するのに若干時間がかかります。工期が多少長くなりますが、品質に問題はございません。
新築時と外壁や屋根の色が随分違うように思うのですがこれは塗り替え時期ですか?
一概にはいえませんが、明らかに変色をしている、壁を触ると白いチョークのような粉が手に着く、というような場合は塗り替えのサインといえます。
塗り替えが必要なのかわかりません
ご自身で判断が難しいという場合は専門業者に診断してもらうことをお勧めします。普段自分で確認することが困難な屋根の上などはビデオ撮影してもらうとよいでしょう。プロタイムズで提供してる「おすまいビデオ診断」は屋根や壁の状態をプロの診断士がビデオ撮影しながら解説いたします。
塗る際の色はどうやって決めるのですか? またアドバイスはしてもらえますか
お客様がお好きな色をお選びいただくことが一番です。またプロタイムズではカラーシミュレーションによるご提案も行っております。
外壁塗装はどのくらい持ちますか?
5年・7年・10年・15年以上・・・使用する塗料によって違います。また施工の仕方によっても 違う事は言うまでもありません。
何故水洗いが必要なのですか?
塗装をする前に必ず外壁や屋根の汚れやコケなどをきれいに洗い流します。しっかりと汚れを落とさないと塗料がすぐに剥がれてしまったり効果が持続しません。
家を不在にすることが多いのですが、施工をしてもらえますか?
ご家族全員が働いていて、週末以外はほぼ不在というご家庭が多くあります。不在の場合でも作業内容が確認できるようにプロタイムズでは交換日記をご用意しております。一日の作業内容やお客様のご要望が確認できます。
見た目が気にならなければ外壁塗装は必要ないでしょうか?
一概にはいえませんが、10年ごとに専門業者に診断してもらうことをお勧めいたします。
塗装がされていないように感じます。塗り替えをすると思っていた箇所が塗装されておりません
見積もり説明の段階で必ず「含まれていない工事は?」と聞くとよいでしょう。また口頭ではなく必ず書面で確認しましょう。

塗装工事に関するご質問

工事期間中に盗難にあわないか心配です
足場をかけると簡単に登ることができますし、メッシュシートの中では何が起こっているのか外からはわかりません。そのためプロタイムズでは工事中は戸締まりを徹底し、防犯ライトを設置いたしますのでご安心ください。
塗装工事に関する保証はありますか?
使用する塗料によって保証は変わります。保証がでない塗料かどうか、など契約前に施工会社の説明をしっかりと聞きましょう。
イメージした色と違うのですが、塗り替えはできますか?
イメージと違うというだけでは塗り替えすることはできません。そのため色を決める前に色見本を提出してもらい、しっかりと打ち合わせを行いましょう。また色の最終決定はA4サイズ程の色見本を提出してもらい、書面にも残すようにしましょう。
壁に細かい亀裂がたくさん入っています。塗装で直るのか不安です
細かいヒビ割れ補修の下地材料としてフィラーというものがあります。フィラーは躯体の細かいひび割れを埋めたり、表面を平滑にします。
外壁に長いヒビが入っています。大丈夫でしょうか?
塗膜に裂け目ができる現象をクラックといいます。クラックは塗膜が割れているため、裂け目から水が浸入する恐れがあります。早めに補修することをお勧めします。
門扉(鉄部)などが錆びています。どうにかなりませんか?
サビを除去した後に錆び止め塗料を塗装します。プロタイムズでは付帯工事のみも承っております。
外壁から白い粉が出てきています。これは何ですか?
熱、紫外線、風、雨などにより塗膜が劣化し、塗装表面が次第に粉状に消耗していく、チョーキング(白亜化)現象といいます。
下地補修とは何をするのですか?
外壁や屋根などの汚れを洗浄し、きれいにした後に、外壁のヒビ割れを埋めたりして表面を整える作業を下地補修といいます。塗装の前に行う作業であり、塗装後の仕上がりに大きく影響します。
雨の日の作業はどうなりますか?
雨の日は作業を行うことができません。天候により工期や作業日程に変更が生じる可能性がございます。ご了承ください。
引渡しの際に何か行う必要はありますか?
後片付けや周辺清掃はプロタイムズが行います。お客様は何もする必要がございません。またプロタイムズでは完了検査をお客様と一緒に行います。今回の塗装に関する説明と確認を行いますので、ぜひお立ち会いをお願いします。

塗料に関するご質問

塗料のにおいが気になります。また近隣の方にご迷惑とならないでしょうか?
塗装する際に溶剤系塗料の場合においが出る可能性がございます。水性塗料を使用する場合はシンナーなどを利用しないため、においの心配はございません。プロタイムズでは施工前の近隣挨拶の際に施工内容をしっかりとご説明いたします。
塗料のにおいなどでアレルギー症状が出ることはございますか?
塗料のにおいは溶剤系塗料の方が強くなります。特にシンナーに敏感な方は、水系塗料の使用をお勧めいたします。アステックペイントは有害な揮発性化合物(VOC)が1%以内と、施主様・近隣様・施工者にも優しい塗料となります。
塗料で家の温度を下げることができますか?
遮熱塗料で塗装をすると室内温度を下げることができます。また遮熱塗料は夏場の屋根や外壁の表面温度を下げることで、屋根や外壁に対する環境負荷の軽減にもなり、耐久性を上げることにも繋がります。
塗料の色により反射率が異なるため、遮熱効果も変わってきます。専門業者に詳しく聞いて選ぶようにしましょう。
塗装をするのにお勧めの塗料は何ですか?
耐久性があり、高品質なものを選ぶことをお勧めします。高品質な塗料を用いた塗装とそうでない塗装では建物の寿命が大きく変わります。一般的に高品質=高額ではありますが、寿命が長いためトータルで考えるとむしろ低コストとなる場合もございます。
水系塗料と溶剤系塗料の違いは何ですか?
性能的には大きな違いはございません。ただしにおいの面で差があります。溶剤系塗料はシンナーで希釈するためにおいの問題がございます。対して個人差はありますが、水系塗料は水で希釈するためにおいが大幅に軽減されます。
塗料の量は厚い方がいいのですか? それとも薄い方がいいのですか?
一度に塗る塗布量、厚さは塗料の種類で決められています。厚すぎると不均一な仕上がりや乾燥不良などが起こる可能性があります。対して薄めすぎると仕上がりが悪くなったり、膜圧の不足などにより塗料の性能が発揮されない可能性があります。各塗料の規定に従った塗布量が必要になります。
最近よく耳にする遮熱塗料とは何ですか?
遮熱塗料とは、塗るだけで屋根や外壁面が太陽熱を反射させ表面温度を20度ほど軽減する塗料となります。ただし、夏場の暑さを涼しくする効果はありますが、冬場の温度を保湿する効果はございませんのでご注意ください。

プロタイムズに関するご質問

見積もりをお願いしたいのですが、費用は発生しますか?
お見積もりは無料で承っております。他社様と比較してご検討お願いします。
劣化診断だけでも可能ですか?
はい、可能となります。塗り替えを決める前に必ず診断をされることをお勧めいたします。
見積もりを頼んだら必ず依頼をする必要がありますか?
いいえ、その必要はございません。お見積もりだけでも承っております。
保証はどうなりますか?
お住まいの状態や塗料により3年・5年・7年・10年の保証書を発行させていただきます。
小冊子無料プレゼント
  • 施工事例を見る
  • お客様の声
  • 小冊子プレゼント
  • お問い合わせはこちら
日本最大級、プロタイムズ総研の外壁塗装
プロタイムズ総研港北ニュータウン店 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央17-26ビクトリアセンター南303
電話:0120-918-303(受付時間:9:00〜18:00/年中無休)
お問い合わせはこちら